NAGANO DENTAL

株式会社長野デンタル

ドクターと共にゴールを目指す 技術と知識で

お問い合わせはこちら
  1. トップ
  2. ブログ
  3. 技工
  4. 前歯CAD/CAM冠

前歯CAD/CAM冠

技工2021年3月25日

前歯CADCAM冠が保険適応になり半年が経ちました。

当初CADブロックの販売が1社のみだった為、欠品が長く続きブロックの確保が限られた状態で先生方には大変ご迷惑をお掛けしました。現在は安定して入荷している状態で、前歯CADCAM冠とてもご好評を頂いております。

前装冠との違いですが、

①材質的には硬質レジンではなく、ハイブリッドセラミックスですので強度、耐摩耗性,耐変色性が優れています。工場で完全重合されたブロックからの削り出しになるので、手盛りのように気泡混入や境目、重合不良など無いため強度的に安定しており、変色にも強い補綴物を製作できます。

②金属のフレームが無いため歯頚部の色が自然になります。金属とオペークとの接着も無いためフレームから剥がれるというトラブルもありません。

③金属を使わないので材料が原因で起こる歯肉の退縮や変色は無い。長期的に見ても良い歯肉の状態を保てると思います。また金属アレルギーの原因も排除できます。

④適度な透明感、色のグラデーションがあり天然歯とのマッチングが非常に良いです。

欠点があるならば透明感がある為、変色支台歯、メタルコアーの上部にセットする場合はオペークセメントを使う必要があるところと、販売されているシェードがまだ少ない所でしょうか。

弊社ではご希望があればステインでの色調調整も行っています。

また弊社の前歯CADCAM冠は臼歯同様、最小0.6mmバーでの内面加工を行っていますので下顎前歯部のような細い支台歯でも適合に自信があります。

いま、前歯CADCAM冠注目です!

ブログ一覧へ